Chromebook のセットアップ

注意既にインストール手順を実行している場合は、これをやり直す必要はありません。すぐにスキップして Python入門へ進んでください。

Chromebookを使わない場合は、このセクションを飛ばして、Pythonのインストール に進んでください。 もし利用している場合は、普通のインストールの作業とは少し異なります。 インストール手順の残りの部分は無視できます。

クラウドIDE (PaizaCloud Cloud IDE, AWS Cloud9)

クラウドIDEはコードエディタと、インターネットにつながって動作し、ソフトウェアをインストールしたり、書いたり、実行したりできるコンピュータへのアクセスを提供するツールです。 チュートリアルを通して、クラウドIDEはまるであなたのローカルマシンのように動作するでしょう。 みんながOS XやUbuntuやWindowsでやるのと同じようにターミナルからコマンドを実行できますが、そのターミナルはクラウドIDEが準備したどこかのコンピュータに接続されています。 さて、いろいろなクラウドIDE(PaizaCloud Cloud IDE, AWS Cloud9)について見ていきましょう。 クラウドIDEのうちどれかを選んで、指示に従ってください。

PaizaCloud Cloud IDE

  1. PaizaCloud Cloud IDE へ移動します。
  2. アカウントを登録します。
  3. 新規サーバ作成 をクリックして、Djangoを選択してください。
  4. (ウィンドウの左側にある)「ターミナル」をクリックします。

左側にサイドバーといくつかボタンのある画面が見えていると思います。 「ターミナル」ボタンをクリックして、下記のようなプロンプトが表示されたターミナルウィンドウを開いてください:

Terminal

$

これでPaizaCloud Cloud IDEのターミナルは準備できました。 ウィンドウを大きくしたいときは、サイズを変えたり最大化したりできますよ。

AWS Cloud9

現在、Cloud 9 はAWSのアカウント作成とクレジットカード情報の登録が必須になっています。

  1. Chrome ウェブストアから、Cloud 9 をインストールしてください。
  2. c9.ioに行って、AWS Cloud9をはじめる をクリックしてください。
  3. AWSアカウントを作成してください。(クレジットカード情報の登録が必要ですが、このチュートリアルは無料利用枠で進めることができます。)
  4. AWSのダッシュボードを開き、検索ボックスで Cloud9 と入力し選択してください。
  5. Cloud9のダッシュボードで、Create environment (環境の作成) を選択します。
  6. 名前は django-girls としておきましょう。
  7. ”Configure settings (設定の構成)”のステップでは、”Environment Type (環境タイプ)”に Create a new instance for environment (EC2) (新しいインスタンスを作成する (EC2)) を、”Instance type (インスタンスタイプ)”に t2.micro を選択します("Free-tier eligible (無料利用枠で利用できる)" と書かれているはずです)。 ”Cost-saving setting (コスト削減の設定)”はデフォルトの選択のままにします。その他の設定もデフォルトにしておきましょう。
  8. Next step (次のステップ) を選択します。
  9. Create environment (環境の作成) を選択します。

サイドバー、文章が書かれた大きなメインウィンドウ、そして下部にはこのような小さなウィンドウが表示されています:

bash

yourusername:~/workspace $

この下の部分が、あなたのターミナルです。このターミナルから、遠くにあるCloud 9のコンピュータに指示を送ることができます。ウィンドウのサイズを変更して少し大きくすることもできます。

仮想環境

仮想環境 (virtualenvとも呼ばれます) は、取り組んでいるプロジェクト用に、便利なコードを詰め込んでおけるプライベートボックスのようなものです。 様々なプロジェクトの様々なコードがプロジェクト間で混ざってしまわないように、仮想環境を使います。

以下を1行ずつ実行してください:

Cloud 9

mkdir djangogirls
cd djangogirls
python3.6 -mvenv myvenv
source myvenv/bin/activate
pip install django~=2.2.4

(最後の行は~=とチルダに続けてイコール記号をつけることに注意してください)

GitHub

GitHubアカウントを作成してください。

PythonAnywhere

Django Girls チュートリアルには、デプロイと呼ばれるセクションが含まれています。これはあなたの新しいWebアプリケーションの原動力となるコードを取得して、それを公にアクセス可能なコンピュータ(サーバーと呼ばれます)に移動するプロセスです。これにより、あなたの作ったものを他の人が見られるようになります。

Chromebookでチュートリアルを行うとき、(例えばラップトップとは対照的に)インターネットに接続されているコンピュータをすでに使用しているので、この作業は少し変な感じがします。 しかし、Cloud 9のワークスペースを「開発中」の場所、PythonAnywhere をより完成したものを披露する場所として考えると役に立ちます。

したがって、www.pythonanywhere.com へ行って、PythonAnywhereの新規アカウントを作成してください。

results matching ""

    No results matching ""