Djangoビュー – 今こそ作りましょう!

それでは前の章の続きをやりましょう。確かビューの作成がまだだったので、エラーになっていましたね!:)

ビュー はアプリのロジックを書いていくところです。 ビューは、以前あなたが作った モデル に情報を要求し、それを テンプレート に渡します。 テンプレートは、次の章で作ります。 ビューはただのPythonの関数です。Python入門の章で書いたものよりもちょっと複雑なだけですよ。

ビューは、views.py に記述します。私たちの場合 blog/views.py に書くことになります。

blog/views.py

では、早速 blog/views.py をコードエディタで開いて何があるか見てみましょう:

blog/views.py

from django.shortcuts import render

# Create your views here.

まだ何もないですね。

# で始まる行は、コメントです。この行に書いたものはPythonは無視します。

それでは、次のようなちょっとした ビュー を作ってみましょう。

blog/views.py

def post_list(request):
    return render(request, 'blog/post_list.html', {})

見てのとおり、post_list という関数(def から始まる部分のことです)を作りました。これは request を引数に取ります。blog/post_list.html テンプレートを(色々なものを合わせて)組み立てる render という関数を呼び出して得た値を return しています。

ファイルを保存したら、どんな風に表示されるか、ブラウザで http://127.0.0.1:8000/ を確認してみましょう。

今度は別のエラーになりましたね。なんと書いてあるでしょうか。

エラー

サーバーは実行されていることはわかるのですが、正しく表示されないのはなぜでしょう? 心配しないで!ただのエラーページです! コンソールでのエラーメッセージと同じように、これは実際にかなり便利です。 TemplateDoesNotExist と書いてありますね。 それでは次の章でテンプレートを作って、エラーを解決しましょう!

Djangoのビューについてもっと知りたいのなら、公式ドキュメントをぜひ読んでみてください。 https://docs.djangoproject.com/ja/2.2/topics/http/views/

results matching ""

    No results matching ""