コマンドラインを使ってみよう

家で1人でこのチャプターに挑戦している方へ:このチャプターは、動画(英語)もあるので参考にしてください。 Your new friend: Command Line

さぁ、これから最初のコードを書いていきますよ。楽しんでいきましょう!:)

最初にお友達になるのはコレです。: コマンドライン!

プログラマーが黒い画面に向かっている光景を見たことがありますか?ここからは、その黒い画面を触ってみます。最初はちょっとコワイと思うかもしれませんが、そんなことはありません。プロンプトと呼ばれるものがあなたの命令(コマンド)を待っています。

備考: このチュートリアルでは、”ディレクトリ”や"フォルダ"という用語が出てきますが、同じ意味です。

コマンドラインって何?

さて、コマンドライン あるいは コマンドライン インターフェイスと呼ばれるこの画面は、キーボードで入力したテキストで命令を出してコンピューターと直接対話するように、ファイルを見たり、変更したりするものです。 グラフィカル・インターフェイスではないだけで、WindowsのエクスプローラやMacのFinderと同じ役割です。 このコマンドラインは、 cmdCLIプロンプトコンソールターミナルと呼ばれることもあります.

コマンドラインインタフェースを開く

では、実際にコマンドラインを開いて、触ってみることとしましょう。

Opening: Windows

使用しているWindowsとキーボードのバージョンによりますが、以下のいずかれかの方法でコマンドウィンドウを開けるはずです(いくつか試す必要があるかもしれませんが、これらの提案のすべてを試す必要はありません):

  • [スタートメニュー] あるいはスタート画面の検索ボックスに「コマンドプロンプト」 と入力しましょう。
  • [スタート]→[Windowsシステムツール]→[コマンドプロンプト]を選択しましょう。
  • [スタートメニュー] → [すべてのプログラム] → [アクセサリ] → [コマンド プロンプト] を選択しましょう。
  • スタート画面を開き、画面の左下コーナーにマウスをかざすと下矢印が表示されるのでクリックします(タッチパネルの場合は画面の下から上に向かってフリックしましょう)。 アプリケーションのページが見えるはずです。 [Window システムツール] から [コマンドプロンプト] をクリックしましょう。
  • [Windows キー] を押しながら [X キー] を押します。 ポップアップメニューが表示されるので [コマンドプロンプト] を選択しましょう。
  • [Windows キー] を押しながら [R キー] を押すと [ファイル名を指定して実行] の画面が立ち上がります。 "cmd" と入力して [OK] をクリックしましょう。

"ファイル名を指定して実行" 画面で "cmd" と入力

このチュートリアルの後ろの方では、2つのコマンドウィンドウを同時に開く場面があります。 しかし、Windowsのいくつかのバージョンでは、コマンドウィンドウをすでに開いている状態で別のコマンドウィンドウを同じ方法で開こうとした場合、すでに開いている1つ目のコマンドウィンドウが参照されてしまうことがあります。 自分のコンピュータ上で試してみて何が起こるか見てみましょう! コマンドウィンドウが一つしか開かない場合は、上のリストにある他の方法を試してみてください。 少なくとも、上にあるいずれかの方法で新しいコマンドウィンドウを開けるはずです。

Opening: OS X

[アプリケーション] →[ユーティリティ] → [ターミナル] を選択しましょう。

Opening: Linux

使用しているシステムによっては、[アプリケーション] → [アクセサリ] の下、あるいは [アプリケーション] → [システム] の下に [ターミナル] がある場合もあります。 もしそこでも見当たらない場合は、Googleで検索してみましょう。 :)

プロンプト

おそらく今、真っ白または真っ黒な画面が開かれていることでしょう。この画面はあなたの命令を待っています。

Prompt: OS X and Linux

MacあるいはLinuxの方は、次のように $ と表示されているのがわかりますか?

command-line

$
Prompt: Windows

Windowsの方は、 > という記号が表示されていることでしょう。

command-line

>

上の Linux のセクションを見てください。このチュートリアルのあとの方にある PythonAnywhere を扱うところでも、似たような表示を見ることになるでしょう。

各コマンドの先頭には、$ あるいは > にスペースが1つつきます。コンピューターが表示してくれるので、自分で入力する必要はありません. :)

ちょっと補足です。プロンプト記号の前に C:\Users\ola>Olas-MacBook-Air:~ ola$ のような表示がありますが、これは間違いではありません。

$> と書かれているところまでは、 コマンドラインプロンプト あるいは略してプロンプトと呼ばれます。プロンプトは、あなたがここに何かを入力することを促しています。

このチュートリアルでは、コマンドを入力してほしい時は、 $> を含めて示しています。 $ や > は無視して、プロンプトのあとに続くコマンドのみを入力してください。

最初のコマンド (イェイ!)

次のようにコマンドを入力してみましょう。:

Your first command: OS X and Linux

command-line

$ whoami
Your first command: Windows

command-line

> whoami

そして最後にEnterキーを押してください。このような結果が返ってきます。

command-line

$ whoami
olasitarska

ご覧のとおり、コンピューターがあなたのユーザーネームを表示してくれましたね。面白いでしょ? :)

コピー&ペーストではなく、コマンドを入力して試してみてください。そのうち自然と覚えられるようになりますからね!

基本

OSによってコマンドが若干違います。あなたのコンピューターのOSの方法に従って、以下は進めていってくださいね。次にいってみましょう。

カレントディレクトリ(現在のディレクトリ)

今どこのディレクトリにいるか(どのフォルダで作業をしているか)、知りたいですよね?では、このようにキーボードで入力して、Enterキーを押してください。

Current directory: OS X and Linux

command-line

$ pwd
/Users/olasitarska

補足: 'pwd' は'print working directory'を意味しており、現在いる作業ディレクトリを取得することです。

Current directory: Windows

command-line

> cd
C:\Users\olasitarska

補足: 'cd' は、'change directory' を意味しています。PowerShellを使うと、LinuxやMac OS Xのようにpwdコマンドを使えます。

おそらく、あなたのマシン上でも似たような画面が表示されたのではないでしょうか。コマンドラインを起動すると、通常はユーザーのホームディレクトリが表示されます。


コマンドについてもっと知る

コマンドには、コマンドプロンプト上に表示して読むことができるヘルプ機能が備わっています! 例として、現在いる作業ディレクトリを表示するコマンドについてみてみましょう:

Command help: OS X and Linux

OS X と Linux には、ヘルプページを提供する man コマンドがあります。 man pwd を試してみましょう。他のコマンドも、コマンドの前に man を置くことでヘルプを見れるので試してみましょう。 man の出力は、通常はページングされています。 次のページに移動するにはスペースキーを使います。 ヘルプを閉じるには q を押します。

Command Help: Windows

ほとんどのコマンドでは、コマンドの後ろに /? をつけて実行するとヘルプページが出力されます。すべての出力を見るには、コマンドウィンドウを上にスクロールする必要があるかもしれません。cd /? を入力してみましょう。

ファイルとディレクトリの一覧

では、その中には何があるのでしょうか?表示させてみましょう。

List files and directories: OS X and Linux

command-line

$ ls
Applications
Desktop
Downloads
Music
...
List files and directories: Windows

command-line

> dir
 Directory of C:\Users\olasitarska
05/08/2014 07:28 PM <DIR>      Applications
05/08/2014 07:28 PM <DIR>      Desktop
05/08/2014 07:28 PM <DIR>      Downloads
05/08/2014 07:28 PM <DIR>      Music
...

補足:PowersSellでは、Linux や Mac OS X同様にlsコマンドが使えます。


カレントディレクトリの変更

次に、デスクトップのディレクトリに移動してみましょう。

Change current directory: OS X

command-line

$ cd Desktop
Change current directory: Linux

command-line

$ cd Desktop

Desktop というディレクトリ名は使用しているLinuxアカウントの言語に翻訳されているかもしれません。 その場合は、 Desktop に置き換えてください; たとえば、ドイツ語なら Schreibtisch です。

Change current directory: Windows

command-line

> cd Desktop

本当に変更されたかどうか確認してみてください:

Check if changed: OS X and Linux

command-line

$ pwd
/Users/olasitarska/Desktop
Check if changed: Windows

command-line

> cd
C:\Users\olasitarska\Desktop

できていますね!

PRO tip: cd D と入力して、キーボードのTabキーを押してください。すると、Dに続く残りの部分が自動的に補完されるので、より早く入力することができます。 もし、Dから始まるディレクトリ名が他にもあれば、Tabキーを繰り返し押すと候補が次々と表示されます。入力が楽になりますね。


ディレクトリの作成

それでは、practice ディレクトリをデスクトップに新規作成してみましょう。

Create directory: OS X and Linux

command-line

$ mkdir practice
Create directory: Windows

command-line

> mkdir practice

この短いコマンドで、デスクトップに practice という名前の新しいディレクトリが作成されました。 あなたのデスクトップを見てディレクトリが作成されていることを確認してみましょう。あるいは、先ほど学んだコマンド lsdir を使って確認できます。 試してみましょう。 :)

PRO tip: 同じコマンドを何度も入力したくない時は、キーボードの上下矢印キーの を押せば、最近使用したコマンドが現れます。内容を修正したい場合には,左右矢印キー←,→を利用して修正したい位置にカーソルを移動させて,修正することができますよ。


エクササイズ!

練習をしてみましょう。先ほど作成した practice ディレクトリの中に、新たにtest という名前のディレクトリを作成してください。(使うコマンドは、cdmkdir ですよ)

解答:

Exercise solution: OS X and Linux

command-line

$ cd practice
$ mkdir test
$ ls
test
Exercise solution: Windows

command-line

> cd practice
> mkdir test
> dir
05/08/2014 07:28 PM <DIR>      test

おめでとうございます!よくできました! :)


クリーンアップ

練習がおわったら、それをそのままに置いておくと邪魔になりますね。削除しておきましょう。

はじめに、作業するディレクトリをデスクトップに戻しましょう。

Clean up: OS X and Linux

command-line

$ cd ..
Clean up: Windows

command-line

> cd ..

cd の後にある .. で、現在の親ディレクトリに移動します。(今作業しているフォルダのひとつ上のフォルダに移動するということですね。)

現在の作業ディレクトリを確認しておきましょう:

Check location: OS X and Linux

command-line

$ pwd
/Users/olasitarska/Desktop
Check location: Windows

command-line

> cd
C:\Users\olasitarska\Desktop

では、practice ディレクトリを削除しましょう:

注意: : delrmdirrm のコマンドを使って削除したファイルは復活できません。完全に消えてしまいます! このコマンドを使う時は、よく気をつけてくださいね。

Delete directory: Windows Powershell, OS X and Linux

command-line

$ rm -r practice
Delete directory: Windows Command Prompt

command-line

> rmdir /S practice
practice, Are you sure <Y/N>? Y

できました! 本当に削除されたか、確認してみましょう:

Check deletion: OS X and Linux

command-line

$ ls
Check deletion: Windows

command-line

> dir

終了

ここまでです。それではコマンドラインを終了しましょう。かっこいいやり方で終わりたいですよね? :)

Exit: OS X and Linux

command-line

$ exit
Exit: Windows

command-line

> exit

かっこいいでしょう? :)

まとめ

役立つコマンドをいくつかまとめておきます。

コマンド (Windows) コマンド (Mac OS / Linux) 説明
exit exit ウインドウを閉じる exit
cd cd ディレクトリを変更 cd test
cd pwd 現在のディレクトリを表示 cd (Windows) or pwd (Mac OS / Linux)
dir ls ディレクトリ/ファイルの一覧を表示 dir
copy cp ファイルのコピー copy c:\test\test.txt c:\windows\test.txt
move mv ファイルを移動 move c:\test\test.txt c:\windows\test.txt
mkdir mkdir 新しいディレクトリを作成 mkdir testdirectory
rmdir (or del) rm ファイルを削除 del c:\test\test.txt
rmdir /S rm -r ディレクトリを削除 rm -r testdirectory
[CMD] /? man [CMD] コマンドのヘルプを表示します。 cd /? (Windows) あるいは man cd (Mac OS / Linux)

ここで勉強したのはコマンドのほんの一部でしたが、このワークショップで使うコマンドはこれだけです。

もっと勉強したい方は、ss64.com に各OSのコマンド一覧があります。ご参考までに。

準備OK?

よし、次はPythonを勉強していきましょう!

results matching ""

    No results matching ""